経営危機に陥ったシャープが3月30日、太陽電池事業の戦略を発表した。経営幹部は今後の事業展開に自信を見せたが、発表内容は乏しかった。抜本策を打ち出さなければ、業界内でささやかれる事業撤退も、現実味を帯びてくる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1343文字 / 全文文字

【春割/2カ月無料】お申し込みで

人気コラム、特集記事…すべて読み放題

ウェビナー・音声コンテンツを視聴可能

バックナンバー11年分が読み放題