楽天が中国のEC(電子商取引)市場に再び挑む。このほど、中国のEC関連サービスを手掛ける現地企業に出資し、中国再参入に向けた足場を作り始めた。出資額や今後の詳細な方針などは明らかにしていないが、2012年に撤退を余儀なくされた世界最大市場の中国で、再び攻勢に向け準備を進める。