フランスの経済学者、トマ・ピケティ氏の『21世紀の資本』が話題になっている。僕も興味深く読んだが、後半は専門的すぎて前半ほど関心を持って読めなかった。