2008年9月、私はリンガーハットの社長に復帰しました。当時、既に64歳。その3年前に会長となってから、ゴルフでもして悠々自適に過ごそうと考えていました。それでももう一回、会社を立て直そうと決断したのです。