米連邦準備理事会(FRB)は3月17、18日に金融政策を決める会合を開催した。今回の声明では、利上げに関して「忍耐強くなれる(patient)」という文言を落とすかどうかが焦点の一つになっていた。FRBは、この言葉を削るとともに、政策目標である2%のインフレ率回復に「合理的確信(reasonably confident)」を得たうえで利上げに踏み切ると表現を修正した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2036文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年3月30日号 134~135ページより目次

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2015年3月30日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。