米連邦準備理事会(FRB)は3月17、18日に金融政策を決める会合を開催した。今回の声明では、利上げに関して「忍耐強くなれる(patient)」という文言を落とすかどうかが焦点の一つになっていた。FRBは、この言葉を削るとともに、政策目標である2%のインフレ率回復に「合理的確信(reasonably confident)」を得たうえで利上げに踏み切ると表現を修正した。