日本企業が苦手な利益率の引き上げで、独自の戦略を取る。汎用品で利益を上げ、先端品は狙いを絞り開発するサイクルを回す。さらに経営層の育成も、高収益企業になるために欠かせないと説く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5670文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年3月30日号 99~102ページより目次