日本企業が苦手な利益率の引き上げで、独自の戦略を取る。汎用品で利益を上げ、先端品は狙いを絞り開発するサイクルを回す。さらに経営層の育成も、高収益企業になるために欠かせないと説く。