江戸時代初期から366年続いた老舗旅館が閉館した。旧東海道の宿場町の面影を残す、貴重な現役の旅籠だった。宿泊以外に宴会需要も取り込み繁盛したが、後継者が見つからず力尽きた。