経営悪化を受け、5月をメドに新たな中期計画を策定するシャープ。事業撤退や人員削減など抜本的な改革に踏み切る考えだが、従業員との溝は深まるばかりだ。前回の経営危機から2年。液晶に代わる事業の柱が見えない中、経営陣は厳しいかじ取りを迫られる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2173文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題