宅配業界1位のヤマト運輸と3位の日本郵便が、新サービスを投入する。4月から2社がスタートするのは、小さな荷物の配送サービスだ。宅配便と郵便という垣根を越えた利用客の争奪戦は、実は因縁の第2幕でもある。