安価な労働力を強みに「世界の工場」と言われてきた中国の生産現場でロボットの導入が加速している。近年の賃金上昇に加えて、2015年には若年労働者数も減少に転じることが背景にある。「製造強国」を目指す中国政府も、高付加価値製品の生産には不可欠としてロボット化を後押ししている。