「我々は以前なら間違いなく赤字になっていた環境で利益を出した。どことは言わないが、本当の問題はほかにあるはずだ」。シャープの液晶部門幹部は不満げにこう漏らす。暗に名指しするのは、2015年3月期に120億円の赤字を計上する見込みのテレビ(通信除くデジタル情報家電)事業だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1426文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題