「ここに来なかったら、私もどうなっていたか分からない」そう話す40歳の女性は、6歳の娘を持つシングルマザー。正社員で年収は600万円ある。生活は安定しており、困窮状態には全くない。だが、自分が比較的恵まれた状況にいられるのは、たまたま今の住居を見つけたからだという思いがある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2191文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2000万人の貧困」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。