生活の困窮は個人の家計の問題だ。だがそれを解決しなければ、企業も思うように事業ができないことも確か。貧困対策を将来への「投資」ととらえた取り組みが、日本の未来を切り開く。