「チキン問題」に続く「異物混入」で、業績悪化の深刻さが増している。一部店舗オーナーは倒産の危機におびえ、ヒット商品不在に不満を募らす。「出戻り幹部」の副社長就任と米本社のトップ交代で、改革は加速するか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り10724文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。