3月27日の株主総会に向け、創業家の父娘間で委任状争奪戦が続く大塚家具。双方が株主の支持を取り付けようと打ち出したのが配当の増額合戦だ。しかし真っ先に恩恵を受けるのは大株主の父娘とあって、市場にはしらけた雰囲気も漂う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1423文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題