フィットネスクラブの市場規模が拡大している。経済産業省の特定サービス産業動態統計調査によると、2014年の合計売上高は3052億円と、ここ10年で3割増加。2000年の調査開始以来、初めて3000億円を超えた。働く女性を中心に健康志向が高まり、利用者数が増えたことが大きい。認知症予防のプログラムを用意して高齢者を呼び込んだり、子供向けスポーツ教室を開いたりするなど施設側が工夫を凝らして、利用者の裾野も広がっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1651文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2015年3月23日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。