過激派組織「イスラム国」との熾烈な闘いが続いている。2014年6月、200万人が暮らすイラク第2の都市モスルが、「イスラム国」によって制圧された。その2カ月後、アメリカ軍を中心にした有志国連合は、モスルからわずか100kmしか離れていないアルビル近郊を空爆し始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1577文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。