先進国では極め付きの非伝統的な金融政策であるマイナスの名目金利が広がっている。現金の保管コストや資産としての安全性の確保など、マイナス金利を容認する合理的な理由はある。さらに消費を拡大させる効果も期待できるが、同時に財政刺激策で実質的な成長を促すことも必要だ。