先進国では極め付きの非伝統的な金融政策であるマイナスの名目金利が広がっている。現金の保管コストや資産としての安全性の確保など、マイナス金利を容認する合理的な理由はある。さらに消費を拡大させる効果も期待できるが、同時に財政刺激策で実質的な成長を促すことも必要だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2779文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2015年3月16日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。