1960年代に大ヒットした科学玩具「地球ゴマ」。大正時代に創業した名古屋の町工場で94年間作り続けてきた。職人の不足と高齢化の状況下、社長の後継者もなく、会社継続を断念した。