振り返れば危機にあって輝くのがホンダの歴史だ。苦境にある今こそ、現場は理想のクルマで突破口を開く気概に満ちている。