2009年から6年間、ホンダを率いてきた社長の伊東孝紳は数々の試練を乗り越えてきたという自負がある。世界6極体制を築くために公表した「600万台の数値目標」が現場に混乱をもたらしたと反省の弁も口にした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7245文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 こんなホンダは要らない」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。