2009年から6年間、ホンダを率いてきた社長の伊東孝紳は数々の試練を乗り越えてきたという自負がある。世界6極体制を築くために公表した「600万台の数値目標」が現場に混乱をもたらしたと反省の弁も口にした。