建築と土木の両輪で3期連続の経常増益を射程に入れた清水建設。業績好調の今だからこそ、課題の利益率引き上げに本格的にかじを切る。周辺事業を拡大し、工事需要の停滞が見込まれる「五輪後」に備える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4518文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。