軽妙なポップアートのように見えながら、さりげなく不思議で不条理な世界を展開するルネ・マグリット。20世紀のシュールレアリスムを代表する芸術家として知られ、日本にもファンが多いが、意外にも日本での大規模な回顧展は13年ぶりとなる。