日本政策投資銀行が国の資金を得ながら5000億円規模の投資ファンドを立ち上げる。企業の成長や地方創生にマネーを提供し、アベノミクスを側面支援する狙いだ。完全民営化を目指す政投銀にとって、このファンドの存在が将来を左右する恐れもある。