昔は一般的だった配置家庭薬の業界が先細ってきている。配置販売従事者数で見れば2009年以降、減り続け、ここ3年ほどはより減少傾向が大きい。例えば「薬売り」の本場、富山でもピークの1961年には1万1000人以上いたが、2013年には1000人を切った。