3月14日に北陸新幹線が金沢まで延伸開業し、北陸は首都圏、関西との往来が活性化する。明るいニュースではあるが、国内の人口が縮小する鉄道業界は今後、難しいかじ取りを迫られる。だが、JR東日本の冨田社長は「まだまだ成長できる」と断言する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4616文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題