雇用関連を除き予想を下回る経済指標が相次いでいる米経済。特に2月12日に発表された1月の小売売上高は予想外の落ち込みで、米経済の7割を占める個人消費に不安を抱かせた。そこで注目を集めた1月の米個人消費支出だが、「力強い」とまでは言い切れない内容だった。