雇用関連を除き予想を下回る経済指標が相次いでいる米経済。特に2月12日に発表された1月の小売売上高は予想外の落ち込みで、米経済の7割を占める個人消費に不安を抱かせた。そこで注目を集めた1月の米個人消費支出だが、「力強い」とまでは言い切れない内容だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2064文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2015年3月9日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。