50年を超える会社人生を振り返れば、将来を期待した人間があまり伸びず、逆にそれほど期待していなかった人間が驚くべき成長を遂げる、という光景をしばしば目にしてきた。人間というものが多様であることの証左だが、伸びる人間にはある共通点がある。それは、会社に対する「オーナーシップ」が強いということだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1513文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。