米国では現在、約6人に1人が汚染の深刻な廃棄物処分場から5km以内に暮らしている。こうした場所に適用されるのが「スーパーファンドプログラム」だ。有害物質による汚染が原因の災害や深刻な土壌汚染から国民を守るため、1980年に創設された。