2015年3月期業績の下方修正から10日後の2月半ば。シャープは液晶事業の記者説明会を開いた。同事業の競争力低下に対し、急速に拡大する懸念を払拭するためだ。「当社が『一人負け』しているとの記事があるが、そうした事実は認識していない」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1447文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題