子宝企業を増やす要諦は、都会よりも生活環境に優れる地方の発展にほかならない。政府が2015年度から本格化する地方創生の取り組みがカギを握る。東京の大企業では、日本を代表する一社のコマツが地元回帰の動きを見せる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4820文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本を救う子宝企業」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。