「ほら、おいで。滑れるかな?」2月中旬、ドイツ首都・ベルリン。普段は職場であまり見せない柔和な目を、滑り台に立つ生後14カ月の愛娘に向ける男性がいた。欧州最大級のソフトウエア会社、独SAPで10年働いているアンドレ・ビーナーさん(38歳)だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2713文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本を救う子宝企業」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。