本誌は初めて1122社の企業それぞれの「子宝率」を算出した。明らかになったのは「大企業ほど子育てしにくい」という意外な事実だ。待遇や制度が手厚いはずの大企業で、なぜ子供が産まれないのだろうか。