消費拡大には3%以上のベースアップが必要との見方が多いことが、本誌の調査で分かった。政府は個人消費を底上げするために企業に賃上げを要請しているが、景気回復は道半ば。トヨタ自動車などでは満額回答を迫る組合側に対し、経営側が慎重姿勢を見せている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2819文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2015年3月9日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。