旭化成と日立製作所、キヤノンが相次ぎ“3000億円”規模の買収を発表した。円安にもかかわらず製造業が立て続けに攻めに出た理由は「スタンダード」を握ることにある。規模の拡大だけでは得られない、成長事業への足がかりを築けるか。