牛丼などに使われる米国産の冷凍牛バラ肉の価格が下落している。火鍋需要が急拡大していた中国への流入が、同国政府の取り締まりで激減した。価格高騰にあえぐ外食各社には買い付けの好機だが、安値は長続きしないかもしれない。