業態転換に関する2つ目の誤解は、「新たに取り組む事業は、それまで培った技術やノウハウを応用できる周辺分野から選ぶのがベスト」だ。