「『事業の賞味期限は15~20年』が我が家の教え。実際、当社は祖父の代からほぼこのスパンで業態転換を繰り返している」。奈良県を中心に結婚式場などを運営するディライト(奈良市)の出口哲也社長はこう話す。