「『事業の賞味期限は15~20年』が我が家の教え。実際、当社は祖父の代からほぼこのスパンで業態転換を繰り返している」。奈良県を中心に結婚式場などを運営するディライト(奈良市)の出口哲也社長はこう話す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2853文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。