市場成熟や競争激化に直面し、事業構造の抜本的見直しを図る企業が増えている。そんな業態転換に取り組む企業の多くが手本とするのが、富士フイルムホールディングスだ。技術革新でフィルム市場が“消滅”する中、液晶や医療など非写真事業を強化。企業の形を大胆に変えることで生き残りに成功した。だが、業態転換は一つ間違えば、会社の寿命を縮めかねない劇薬。とりわけ世間で言われる「業態転換の常識」には多くの嘘や誤解が潜んでいる。業態転換の事例が豊富な中小企業を中心に、「第2の富士フイルム」になるための鉄則を取材した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り336文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。