大企業を中心にした健保組合に2年後、大きな負担がのしかかる。「報酬比例」の名目の下、高齢者医療への拠出が一段と片寄せされる。パートの加入拡大による負担増も迫る。大企業健保は存亡の危機だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り10503文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題