大企業を中心にした健保組合に2年後、大きな負担がのしかかる。「報酬比例」の名目の下、高齢者医療への拠出が一段と片寄せされる。パートの加入拡大による負担増も迫る。大企業健保は存亡の危機だ。