日本企業のグローバル人材は30年前の「国際人」と何ら変わっていない。社内しか通用しない管理職ばかり養成する社員教育を、早く改めるべきだ。