武田の外国人たちは、社内に軋轢を生みながらもさらに増え続けている。彼らはどのように武田を変えようとしているのだろうか。