筆者自身もそうだが、経済メディアに携わっている人間の多くは、「破壊的イノベーション」と呼ばれる現象に高い関心を示す。産業を根本的に変えるような技術革新は話題性があるし、そのインパクトを考察することは、メディアとして読者に多くの気付きを与えられると考えるからだ。