長期金利が未曽有の水準に低下し、地方銀行などの運用が行き詰まってきた。国債一辺倒はもはや通用せず、リスクの高い金融商品にマネーが群がる。日銀の異次元緩和は出口が見えず、日本経済にはゆがみが蓄積されつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2960文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2015年3月2日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。