民法が定める「夫婦の別姓は認めない」とする規定が憲法に違反するかが争われた訴訟について、最高裁は、この2月18日、15人の裁判官全員による大法廷で審理することを決めた。