日本の住宅に対して「ウサギ小屋」との表現が最初に使われたのはそれほど古いことではなく1979年のことです。当時の欧州共同体(EC)が「対日経済戦略報告書」の中で、そう表現しました。