住宅に先行して、トイレなどの住設メーカーの海外進出は既に発展期に突入している。今後、海外戦略を本格化させる住宅各社が「先輩」から学ぶべき点は多い。インドネシアの首都ジャカルタ郊外にある雑居ビル。現地企業がオフィスとして利用するこのビルのトイレには「TOTO」の文字が並ぶ。従業員の一人はこう話す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1759文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ニッポンの家」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。