ASEANや中国、豪州、米国に、日本のハウスメーカーが大挙して進出し始めた。文化やコストの壁から、現地での職人育成まで、解決すべき課題は山積する。だが、現地での日本製住宅に対する評価は、着実に高まりつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り511文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ニッポンの家」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。