楽天の国内EC(電子商取引)流通総額が2兆円を突破した。しかし、牽引役の仮想商店街「楽天市場」は、認知度拡大に伴い「偽サイト」も急増。削除要請やユーザーへの注意喚起に手を焼いている。