キヤノンが約3300億円を投じ、監視カメラ世界首位を買収する。2014年6月に傘下に収めたビデオ管理ソフト最大手との相乗効果を狙う。「ビッグデータ」ビジネスを創出し、苦戦するデジカメ事業をカバーしたい考え。